愛犬と不登校経験の姉妹と野球男子の母。家庭菜園、副業、FXなど多ジャンルな話

ラブラドールレトリーバーのハウルくんが家族になるまでの話 その1

2021/09/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛犬ラブラドールレトリバーと3人の子供と主人のお世話に追われ、働く主婦として副業にもチャレンジしております。 家計節約も兼ね趣味の家庭菜園も楽しんでます。 FX・バイナリーオプション・アフィリエイトに取り組んでおりますが、なかなか稼げないのにめげずに諦めず挑戦中。

ずっと犬を飼うことに反対していた私。

今から8年前程、主人が犬を飼いたいと言い出しました。
私は元々動物好きで、実家でも犬や猫、インコ、文鳥など
常に何か動物を飼っていました。

なので犬は大好きだけれども、子供たちにまだまだ手が
かかるし、一番は実家で15年飼っていた愛犬ラッキーが
死んだ時の喪失感や悲しみが半端なくつらく、もう二度と
同じ思いはしたくなかったので、私はずっと反対していました。

主人は子供たちが小さいうちから、一緒に生活することで
子供たちに動物の可愛さ、人間より寿命が短いので先に死んで
しまうけれど命の尊さを実感するなど、心優しい人間に育って
欲しいという思いもあったようです。

主人と子供たちに押し切られ、私もようやく受け入れる事を
決心しました。


ラブラドールレトリバーの子犬との出会い

犬を飼うことが決まりましたが、具体的にどの犬種にするか
決まっていませんでした。私は小さい頃から、柴犬や日本犬
の雑種を実家で飼っていたことから、当初は柴犬がいいなと
思っていました。

主人は大型犬を子供の時からが飼いたいと思っていたようで
ラブラドールレトリバーを飼うことに決定しました。


なぜラブラドールレトリバーになったかというと、志村どうぶつ
園に志村けんさんのラブラドールレトリバーが出演していた事が
あって、とっても穏やかで従順だという事を改めて知りました。

盲導犬や介助犬になるような犬種ですから、きっと賢く人間に
寄り添うのが好きなんだろうなというイメージはありました。

早速近くのペットショップに行きましたが、なかなか大型犬
がペットショップにいません。

私は飼うのなら、買うのではなく、保健所や保護団体などで
「里親」を待つ犬を受け入れたかったのですが、そこだと
ラブラドールレトリバーの子犬がいないし、主人は子犬の
頃から飼いたいというので、インターネットで検索して
辿り着いたのがハウルくん。

画像を見た私の完全なる「一目惚れ」でした。

家族みんなで愛知県のブリーダーまでお迎えに行くこと
になりました。

続きはまたその2で!!

#ラブラドールレトリーバー
#愛犬
#イエローラブ
#犬を飼う
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
愛犬ラブラドールレトリバーと3人の子供と主人のお世話に追われ、働く主婦として副業にもチャレンジしております。 家計節約も兼ね趣味の家庭菜園も楽しんでます。 FX・バイナリーオプション・アフィリエイトに取り組んでおりますが、なかなか稼げないのにめげずに諦めず挑戦中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。